一年生ゼミ:第6回

今回の記事を担当する三芳グループ・会計担当の川田智也です。

今回は一旦南房総から離れて、論文の「問い」について考える授業でした。

授業の後半には打ち上げた風船が落ちる前に与えられた「テーマ」に対して「問い」を言って再び打ち上げるゲームをしました。

先生も仰っていましたが、やはり我々日本の学生は問題を解くことは得意なようですが、問題を設定することは苦手みたいです。今回の授業でそれを実感しました。

論文が書けるかどうか正直かなり不安ですが、頭を柔らかくしてユニークな問いが立てられたらいいなと常々思っています。閲覧ありがとうございました!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中