南房総ゼミ~製本作業8月30,31日~

更新が遅くなりました…南房総ゼミ2年の新井一真(富山班)です。

ゼミ生の物語が完成を迎え、いよいよ製本作業に入りました!「製本作業は大変」ということを各ゼミ生が耳にしていたので、いよいよこの日を迎えたなという心境でした。

~1日目~

初日は第一校舎と研究棟に分かれて作業を進めました。両グループとも輪転機を駆使しました。自分は第一校舎グループでした。全く戦力になれず、無念…他の二人にはご迷惑をおかけしました。この場を借りて謝りたいです。「申し訳ございませんでした」。研究棟グループは堅実に作業を進めていました。

(第一校舎6階で輪転機を巧みに扱う少女です。輪転機マスターと言っても過言ではないでしょう)

そして輪転機で作業を続けること、約5時間…遂に印刷作業が終わりました。まさに24時間テレビの気分。コピー作業が終わりに近づくにつれて、武道館が見えてきました…(ちなみに武道館周辺はオススメの散歩スポットです)。

そして輪転機での作業が終わり、第一校舎の地下に移動して、コピーしたページを番号順に並べました。

(内藤先生の差し入れをいただいています)

1日目の作業はこれで終わりました。感想は「暑かった、暑かった」です。ちなみに帰りのスカイツリーラインで爆睡しました。

 

~2日目~

続けて、2日目です。この日、新井は少し遅れての参戦でした。朝から参加していた人には頭が上がりません、ありがとうございました!2日目は昨日印刷したものを順番に重ね、製本作業を行いました。

順番にまとめ、番号に抜けがないかの確認作業です。

そして、製本機を用いる作業に移りました。作業は佳境に入ってきました。ここで新井はとんでもなく手こずりました。本当にこういう作業が苦手なんですよね。バイト先でもコピー用紙を優に数百枚以上は無駄使いする悪しき能力が発揮されましたね。途中で内藤先生から「検品」という役職を拝命しましたが、某派遣プロの女子大生に終始、圧倒されていました。

徐々に完成された本が机に並び始めます。

そうしているうちに製本作業が終わりを迎えました。編集担当の3人を中心に、二日間にわたる製本作業ご苦労様でした。また今回から本に名前が付くことになりました。

 

その名も・・・『片道90分』←このネーミングセンス。さすが小佐川キャプテン!

(良い景色です)

こうして2日にわたる製本作業が終わりました。新井は全く戦力になれず。戦力外通告を受けても同然の働きでしたね(バース・デイで取り上げられる勢いでした)。編集担当の3人をはじめ、内藤先生と多くのゼミ生の協力があったからこそ製本作業を終えることができました!またインタビューにご協力していただいた対象者の皆様、ご多忙ではあったかと思いますが内藤ゼミのために時間を割いていただき誠にありがとうございました。南房総市役所の皆様も公務でご多忙のところ本ゼミにご協力いただき、誠にありがとうございました。既に対象者と市役所の皆様には『片道90分』が届いていると思います。是非、各ゼミ生の作品をお楽しみください。自分は春学期までの所属ですので今回が最後となります。南房総ゼミを通して、教室では学ぶことができないことを得ることができたと思います。最後に関係者の皆様、ありがとうございました。秋学期のゼミも頑張ってください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中