1年ゼミ 秋第7回

1か月振りに記事を担当します松本です。

1年生は4人しかいないため、毎月ブログ担当が回ってくるという事態が起こっています。(3か月に一度だったころが懐かしいですね。)

「気を取り直して4人で頑張っていこう!」と意気込んで教室に向かうと、、、!?。なんと2人が体調不良、3人授業になってしまいました。

もはやそこらへんのベンチでも授業できそうな、、、

授業の内容は、「語りの読み解き方」。コンタクト、コンテキスト、コードの3つに分けて勉強しました。コンタクトとは、「接触の仕方で体験が異なるというもの」。単行本か新聞か文庫本あるいは電子書籍など、媒体の種類が異なる場合や、映画を家で見るか映画館で見るかなどの、場所の違いによって、受け取り方が変わってくるということを指します。コンテキストとは、「読者や作品が置かれている環境」。田舎では生活必需品である車も、都会では電車があるため必ずしも必要ではない、といったようなことです。コードとは、「1つの言葉がどのように解釈されるか」。情報コミュニケーション学部を情コミと略して理解できる人、わからない人では解釈の仕方が異なるということのようです。難しいですね(^-^;

一方で期末レポートの詳細が発表され、締め切りは1月24日とのこと。

ゴールが見えてモチベーションが上がっていきそうです(^^)/~~~

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中