二年ゼミ(秋学期)第八回

第八回のブログを担当する白浜班の三ツ橋です。

 

今回の授業では、初めに、平野啓一郎さんの『私とは何かーー「個人」から「分人」へ』の2グループに分かれて意見交換を行いました。多くの人がこの本の「分人」という考えに共感していました。それも、平野啓一郎さんはこの本の中で、誰もが考えたことのある対人関係や本当の自分に関するふわふわとした疑問を明確に言語化されていたからだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、これから書く小説に登場させるであろう人物を「分人」化させました。

この作業が難しかった。ゼミ生一人一人が登場人物を、ものに向かっているとき、人に向かっているとき、様々な角度から見つめなおし、細分化しました。そうすることで、今まで見えてこなかったその人の機微が見えてきました。

次回は伊藤豊さんによる特別講義です。小説の書き方について学びます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中