一年ゼミ 秋9回

こんにちは、お久しぶりの塩野です、最近は寒くて朝なかなか布団から出られなくなってきました。

11月29日のゼミでは『場所の現象学』から場所を捉えるための概念を学びました。

今まで習ってきた場所の捉え方を図式化してより理解を深めることができました。

構造分析をするために構造主義について学びました。構造主義とは、そこに潜在する「構造」を抽出することで、その現象を理解する方法論です。より理解を深めるために、オダギリジョーや香川照之出演の映画『ゆれる』の中に登場する二項対立を探し出し話し合いました。

発表し合ってみると、同じ作品でも自分の気づかなかった二項対立がどんどん出てきてとても勉強になりました。(二項対立とは東洋と西洋というように二つの概念が互いに矛盾や対立をしているような様のことを言います。)

後期のゼミは今まで知らなかった思想、考え方を学ぶので前期とは違った意味で大変ですが、しっかりものにして論文に役立てていきたいです!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中