第7回「合宿準備2」6月2日

1464852388528
 第7回を担当させていただいた舘川です。最初の授業を振り返ってみると「合宿はまだまだ先だな」と感じましたが、気づけばあと2日で南房総へお邪魔することになりました。何だか最近時が過ぎるのが早いなーと感じます。ジジ臭いですね。
 今回授業で取り上げられたのは主に3つ。「インタビューの3要素について」、「物語創作概論とは」、そしてゼミのみんなが待っていた「インタビューリハーサル」です。
「インタビューの3要素」とは、インタビューの「流れ」、質問に具体的または抽象性を持たせる「立体性」。そしてその人の人生に根差している思想、価値観を掴むための「普遍性」のことを指します。これら3つがしっかりしていればいいインタビューになるそうです。
 次に物語創作概論ですが、これは有体に言えば「私たちがやっているのは物語創作なんだよ」という先生の一種の忠告に聞こえました。私たちはインタビューをすることにだけ捉われていましたが、今回のインタビューでは創作することが前提であり、そのためのインタビューをしなければいけません。今更ながらに大丈夫か不安になる私達。
 1464855190707
 最後にインタビューリハーサルですが、内藤先生をインタビュー対象者としてインタビューの流れを確認する作業でした。1班10分という制限でしたが、時間通りに終わった班は恐らく1つもなかったように思えました……。さて、これからどうなる南房総ゼミ!
 ということで、今回はここまで。次回の更新にご期待を。

広告

第6回「合宿準備1 ゲスト:永森昌志さん」5月26日

第6回ブログ担当の木野本です。
今回のゼミでは、スペシャルゲストとして永森昌志さんにお越し頂きました。
永森さんは、当ゼミの活動と南房総をつなぐ、大変重要な方で、お会いできるのを大変楽しみにしていました!

image4

授業の冒頭で、自己紹介を交えたプレゼンをして下さり、南房総の紹介や今後のビジョンなどを語って頂き、南房総への理解が深まると同時に、永森さんの南房総に対する熱い思いを感じることができました。
続いて、先週に引き続きインタビュー対象者についてのグループ発表を行いました。今週発表したのは、1班・4班・5班です。それぞれのグループが事前に調べてきたことをもとにパワーポイントを使って発表し、インタビュー対象者の方々の情報をゼミ生で「シェア」することができました。

 
image1発表後は、インタビューをさらに良いものにするため、グループ同士で相互評価を書きました。その後、永森さんからインタビューを行う上での基本的な注意点やアドバイスを頂き、実際に自分がインタビューをする際に重要となることを教えて頂きました。

授業終了後には、永森さんと各グループとの相談会が開かれ、インタビュー内容に関する具体的なアドバイスを頂き、本番に向けて心強い意見を頂きました。image3

そしてそして!今日は授業後に、ゼミ長が企画してくれ
た親睦会が開かれました!内藤まりこ先生と永森さんも参加してくださり、普段のゼミ活動ではあまり話せない人とも交流することができ、合宿前にゼミ生と仲を深める絶好の機会になりました。
いよいよ来週に迫った合宿に向けて、これから準備を進めていきたいです!

第五回 「空間軸を広げ、都市・地方の「シェア」を考える」「インタビューの方法を学ぶ」 5月19日

こんにちは! 最近髪を切り、そして誕生日を迎えました、今川が5月19日のゼミの活動を報告します!

この日は曇り。五限がやってくるとゼミがやってきます。毎回の課題が多めなこの授業。今日はどんな課題が待っているんだ…
IMG_0559

ゼミの始まりは内藤まりこ先生の事務連絡から始まります。この日は、合宿のスケジュール、宿泊所、畑活動についての連絡がありました。いよいよ三週間後に迫った合宿がどんどん具体的になってきて、とてもワクワク!!

さて、この日のゼミのメインイベントは、私たちが今回滞在中にインタビューをさせていただく方たちについてのプレゼンテーションでした。2班と3班が下調べした情報をもとにインタビューをさせていただく方々の情報をゼミのメンバー全員と「シェア」しました。工夫された発表、とても素晴らしかったと思います。
IMG_0547

この後は、「空間によって方法が異なる「シェア」はなにか」についての発表が行われました。各自が調べてきたアイデアを一人づつ発表していきます。発表されたアイデアの例としては、「都市の街並みー東京とドイツの街並みの違いー」や、「ネットカフェの利用の仕方ーベトナムと日本の違いー」など、建築から文化、施設の利用方法まで幅広い視野でシェアを考察することができました。この発表の詳しい情報は後日ホームページにアップロードしたいと思うので、お楽しみに!!(^O^)
IMG_0544

終わりにインタビュー方法や、挨拶文の書き方などをしっかり学んでこの日のゼミは終了。いよいよ合宿が3週後に迫っています。(このブログ執筆時には1週間後!)天気も問題なさそうだし、とにかく楽しみです!
南房総市の皆さんから多くのことを学びたいと思っているとともに、2日目のバーベキューをとても楽しみにしています。(笑)

愉快な内藤ゼミ、もうすぐ南房総にお邪魔します!!(^O^)

第4回:「シェア」で読み解く個人と社会ー分有・共有の物語(ナラトロジー)@和泉 5月12日

第4回のブログを担当する月館采子です。

授業の前半では、6月4日5日に行われるこのゼミのメインイベントの南房総での合宿の詳細についていろいろまりこ先生からのお話しがありました。

美しい自然とおいしい食べ物と個性あふれる素敵な人たちが多く住む南房総での合宿がこの詳細説明でより楽しみになったのはきっとわたしだけじゃないはずです!!わくわくです!!(笑)

また、このゼミで大変活躍するであろうこのブログのホームページが完成したことのご報告。とっても素敵なので、ぜひみなさん見てください!!

attachment03-2

まりこ先生おすすめの映画の紹介もありました。まりこ先生のおすすめなので絶対面白いと踏んで、DVDになったら借りて見るつもりです。

attachment01-3

そしてゼミの後半は、前近代の社会において人々が時間軸に基づいて「シェア」してたものの例を挙げることになりました。みんなの答えも十人十色。

例えば、アイヌで行われていた伝統的なクマの屠殺に関するシェアなどいろいろ。

前近代は今ほどものが世のなかにあふれていないので、今よりもずっと多くのものをシェアして人々はその時代を生き抜いていたのだとよく分かる会でした。

attachment02-3

以上、第四回の授業内容を月館采子がお送りしました!ご精読ありがとうございました!

第3回 時間軸を遡り、前近代社会での「シェア」を見つける 4月28日 

こんにちは、今週ブログ担当の中川雅IMG_7556基です。

4月28日、ゼミの第3回目の授業でした。インタビュー対象者の理解を深めるため、グループワークを行いました。今回は、以下3点について話し合いました。

①グループ内でインタビュー対象者の情報共有

前回の反省から、自分たちの班では「知識」としての情報共有を目標にしました。インタビュー対象者の影響を受けた音楽を聴く、影響を受けた本の感想を言う、など実体験の共有をしました。

②「シェア」という観点から、インタビュー対象者に聞いてみたい事柄

自分たちの班では、過去・未来・人生の分岐点で影響を受けた事柄について、「シェア」の観点から質問をしていきたいという意見が出ました。

③第5回ゼミ内での発表のための相談、準備

調査、製作、発表の役割分担を主に決めました。

グループワークが濃密に行われたため、授業テーマの『時間軸を遡り、前近代社会での「シェア」を見つける』は次回に持ち越しになりました。

IMG_7597

今日はあいにくの雨です。「たまにはこんな日もいいかなぁ」と思いつつも、夏晴れを心待ちにしてる帰路でした。1日の最後に「疲れた」というよりも、「頑張った」って自分に言い聞かせる中川でした。