2年ゼミ 第13回

こんにちは、2年ゼミの新井一真(富山班)です!

いよいよ7月に入り、夏を迎えました(夏苦手です)。夏を迎えると同時に始まるのが高校野球です!今年は100回大会ということで、自分が住む埼玉県では南北に分かれての開催となっています。無事に母校は一回戦を突破したらしいです。ただ、同じブロックには昨年の甲子園優勝校がいるため、苦戦が続くと思われます。頑張れ、後輩。そして、自分も単位とGPAのために初夏を乗り切りたいと思います!


 


 

本題に入りましょう。今回のゼミでは、前回同様に違う班のゼミ生同士で現時点での物語を批評しました。やはり自分では気づかない点が多々ありました。特に内藤先生からの添削はメンタルにきますね・・・

批評後は、前回の講義の続きをやりました。今回は一人称視点と三人称視点の違い、またそれらのメリットとデメリットについて考えることからスタートしました。自分の場合、三人称を取り入れているため、どうしても文章が説明的になってしまいます。意識して、書かないと取り返しのつかない事態になりそうです・・・

その後は、物語の速度について触れました。具体的には、休止法や情景法などのレトリックについての学習でした。こういった方法論を取り入れて、少しでも表現に富んだ作品が書ければ良いなとしみじみと思いました。以上が今回のゼミの内容です。

そして、この内藤ゼミ(春)も残すところ、1回となりました。「春の授業が終わるのってこんなに早かったっけ?」と思っています。ともあれ、次回は最後です。ゼミ生の皆さん、頑張りましょう!

広告

2年ゼミ 第10回

こんにちは!今回のブログを書きます、和田班の小佐川です!

梅雨も明け始めて、だんだん夏らしくなってきましたね。皆さんいかがお過ごしでしょうか? 私は夏が大好きなので、これからどんどん暑くなっていくのが楽しみで仕方ありません!

 

今回の授業は、ゼミ合宿でもお世話になりました、音楽プロデューサーの伊藤豊さんの特別授業でした。

私たちの最終目的である、「物語創作」のノウハウを伝授していただきました!

 

ゼミ2.jpeg

伊藤さんが教えてくださった「物語創作」の中でなるほどなと思ったことをいくつかご紹介したいと思います。

「南房総と物語の連想」

自分の描いた物語で南房総を連想させないといけないし、逆に南房総から自分の描いた物語が連想できないといけない。なので、ゼミ合宿で目で、肌で、心で感じた南房総の良さを自分の言葉で表現しないといけないという使命をさらに強く感じました。

「嘘をつきすぎないで素直に書くのも大切」

嘘をつくということは、設定を増やすということ。嘘に嘘を重ねてしまうので、自分が描くときにすべての設定を覚えて、矛盾しないようにしないといけないのが大変だそう、、、。

 

 

また、前回の課題が、音楽グループの「ヒネモス」の「Life in Minesutrone」に収録されている「サンクトペテルブルク」か「Hello Hello」どちらかを聞いて、物語を創るという課題でした。

今回の授業で、伊藤さんにゼミ生が描いた物語の総評をしていただきました。同じ音楽を聞いてるのに、同じ物語は一つもなく、人によって感じ方はさまざまなんだなあと思いました。伊藤さんから、一人一人コメントを頂き、書き方の癖だったり特徴だったりを分析してもらいました。

今回の講義で、「物語創作とは」から、「自分の文章の癖」などなど、、、。吸収することがたくさんあり、貴重な時間を過ごしました。

またこれから、本格的に物語を執筆していきますが、それにあたって、悩んだり、苦しんだりすることが多くなると思います。ですが、そんな時間も物語創作には必要だと思いながら、自分と向き合い、対象者の方と向き合いながら、とっておきの物語を創り終えたいと思います!

ゼミ生一同、必死に食らいて頑張ります!!!

 

2年ゼミ 合宿振り返り 丸山インタビュー

こんにちは!2年ゼミ丸山班会計担当の川野です!

丸山班インタビューの振り返りをしていこうと思います。

丸山班は6/3に2組の対象者にインタビューを行いました。初めに取材させていただいたのがfree style furniture DEW を経営されている今井ご夫妻です。

写真 2018-06-14 18 33 07.jpg

写真 2018-06-03 17 01 04.jpg

DEWについてまず初めに看板犬のアル君のお散歩に行きました。ただのお散歩かと油断をしていたらほぼほぼ山登りという実情がそこにはありました。都内では考えられないお散歩を前にお散歩とは何かと頭を悩ませる貴重な経験でした。茂淑さんの年齢を感じさせない足取りにも驚きつつお散歩(ミニ山登り)は無事終了しました。

その後、茂淑さんと奥様の京子さん別々にお話を伺いました。茂淑さんは大変穏やかな方で口調も緩やかな話し方をされる方でした。しかし、その口調とは裏腹に言葉の裏にモノ作りや音楽に対しての強い信念のようなものが感じ取れました。

写真 2018-06-14 17 18 44.jpg

京子さんの取材は、とても可愛らしくフレンドリーなお人柄のおかげでとても盛り上がりました。お話を聞いているだけで旦那さんである茂淑さんへの信頼がうかがえるようでした。

DEWで取材を終えた後は昼食の会場である典膳に向かいました。

山の中をずんずんと進んでいくと突如、立派な門を構えた典膳が見えてきます。座敷に上がり午前中の疲れを取りながら、典膳の名物キャラクター、猫の「たまお店長」とも触れ合いつつ昼食をとりました。お野菜から焼き鳥から何から何までみずみずしいお食事をいただいた後、典膳の経営者である山本剣さんに取材をしました。写真 2018-06-14 17 17 44.jpg

山本さんはたいへんユーモアにあふれる方で終始笑顔の絶えない取材となりました。やはり、レストランを経営していることがうなずける山本さんの話術には目を見張るものがありました。ご自身の後悔なさっていることなども快くお話いただけて、自分のことを見つめ直すきっかけにもなりました。

この二日の合宿で自分とはずいぶん違う生き方をしている方たちのお話をたくさん聞きました。それによって自分の考えや心の中に大きな変化があったかと問われたら、そんなことはありません。しかし、合宿を通し多くの人の言葉を聞き、言葉を交わし、言葉を投げかけたこの経験はこのゼミにとどまらず人生において必ず意味を持つものになると帰ってきた今感じています。それらをさらに意味のあるものにするために私たちは物語を書きます。

最後に、取材でお世話になった今井ご夫妻、山本剣さん、さらに合宿二日間丸山班の移動のお手伝いをしてくださった岡本竜一さん、アドバイザーとして同行してくださった山寺里奈さん、本当にありがとうございました。

写真 2018-06-14 17 17 59.jpg

 

 

 

 

富山・合宿振り返り~インタビュー~ 菅野奈保美さん

内藤ゼミ(南房総)合宿振り返りインタビュー編 菅野奈保美さん(富山班)

こんにちは。南房総2年ゼミ、富山班の新井です。富山のインタビュー対象者は大紺屋農園の足達智子さんと馬森牧場の菅野奈保美さんのお二人です。諸々の都合上、菅野さんへのインタビューは合宿中ではなく68日(金)に行われました。インタビューに伺ったのは2年富山班の3人です。前回、同伴の1年生と3年生が不在だったため、寂しかったです・・・

さて当日は富楽里から菅野さんのお車で牧場まで移動しました。お手数をおかけしました。10分足らずで牧場へ到着。創意工夫がなされた看板です!

 

到着するや否や、馬が顔を出してくれました。想像以上に馬は大きく、また強靭な足を有していました。

余談ですが、執筆者が高校生の時、通学路に乗馬クラブ的なものがありましたが、一度もそこで馬の姿を見ることはありませんでした。ただ不思議なことにダチョウとヤギはいました。ちなみに埼玉です。

 インタビューに入る前に菅野さんと談笑しました。この時点で菅野さんのパワフルさがひしひしと伝わってきました。対象者のプロフィールにも載っていますが、菅野さんは占いを頼りに、南房総への移住を決断。そして即決で土地を購入し、一人で森を開拓し牧場をお開きになりました。

談笑後、軽くですが作業のお手伝いをさせていただきました。

その後、インタビューに入りました!

インタビューでは、菅野さんの幼少期から今に至るまで。また人や馬との出会いについてお聞きしました。執筆者自身、菅野さんの「明日は来ないかもしれない。だから延ばしてはいけない」「今日は今日で100点をあげる」という言葉が印象的でした。なかでも、「不安があるなら、不安という本能を超えるための知識や経験を持っていないといけない」という考えが心に響きました。インタビューは終始、笑いが絶えない時間となりました。

執筆者自身、長時間にわたるインタビューを行うということは初めての経験でした。

その中で、感じたことは2つあります。

1つ目は人それぞれの人生に物語があるということです。偉人の伝記というような形で表現はされていなものの、人ひとりの人生には物語が埋まっているということです。2つ目は点と点が線で結ばれているということです。かの有名なApple創業者の一人、スティーブ・ジョブズ氏がスタンフォード大の卒業式で行った演説にもありますが、一見、無駄や何の繋がりもないように見えたものが後に振り返ると、線で結ばれていたということです。

学内にいては感じられない、以上の2点が2回のインタビューを通して感じたことです。

最後に、富山班のインタビュー対象者の足達さんと菅野さん、ご多忙のところご対応いただきありがとうございました。

2年ゼミ 第7回 合宿直前準備

今週のブログ記事を担当します、丸山地区担当の横田梨々香です。

今回の授業では合宿に向けての最終確認やインタビューのリハーサルを行いました。

先生を対象者の方と想定して、インタビューのリハーサルを行いました。

実際に始めてみると、何から質問していいのかわからず、抽象的な質問を繰り返してしまう場面がありました。

抽象的な質問だけでは、とっさに答えることが難しいため、具体的な質問を織り交ぜながらインタビューすることが大切だと教わりました。

役割分担を決め、しっかりと備えることができました。

また、合宿当日対象者の方を撮影するために、各班ビデオカメラとボイスレコーダーを借りました。

しかしながら、小説の物語世界の細部を描くために、視覚だけでなく、聴覚・嗅覚・触覚等の五感を働かせることが大切だと学びました。

何もないところでの撮影にも挑戦してみようと思います。

いよいよ合宿も近づき、緊張感と期待感で胸がいっぱいです。

有意義な合宿となるように1・2年ゼミ一同協力して頑張ります!

 

2年生ゼミ 第5回

今週のブログ担当を務めます、冨山班会計の小野寺です。

今日はインタビュー内容の検討と物語とインタビューの違いについて考えました。
ブログ1
 

授業の中で、「ペアを組んだ相手の昨日の出来事をインタビューし、何かに喩える」という作業がとても面白かったです(笑)

みんなセンスのある喩え方をしていて、物語創作への期待が高まります!

 ブログ2

 

また、我が冨山班はインタビュー対象の足達さんと連絡をとり、ファーベを購入しました。

 

家で塩ゆでしておいしくいただきました♪

 

合宿まであと少しです!頑張っていきましょう!

2年ゼミ 第4回

GWも空け、大学全体にどんよりとした空気の漂う中、今週も室員全員集合の南房総ゼミです。

合宿までおよそ1か月弱、今回は取材対象者の人生年表づくりでした。何年、何歳の時に、どんな事件が対象者さんの身に巻き起こったのかをまとめることで、実際のインタビューの時にどんな質問をするかを連想しやすくなります。

S_7956644011563.jpg

 

さらに今週は南房総の大紺屋農園さんからソラマメを頂きました! 有機栽培で育てられたソラマメには甘みがあり、非常に美味しかったです!

S_7956644057930.jpg

さて、これからは1年生のゼミ生と情報交換をしながら合宿に向けて準備を整える期間です。よりいいものを作り出せるように、突き進んでいく次第です。

ということで今週はグループ三芳・会計担当小林大介が実は更新しておりました。僕から以上!

3期 第3回

今週のHPを書きます丸山チームの会計担当川野です!

今回のゼミでは各々調べてきた対象地区、対象者についての発表とこのゼミの一期生である大下由佳さんにお話を聞きました!

発表では各班、情報源が少ない中での調査となりましたがそれぞれに面白そうなポイントがありインタビューにむけてのモチベーションが上がりました(/・ω・)/

大下さんからは作品についてやこれからの活動に向けての的確なアドバイスをいただいて、とても頼りになる存在だと感じました!

さらに、これからの一連の活動で連携する一年生たちの名前も確認して合宿や執筆への期待もますます高まります( `ー´)ノ

このゼミではこの先も多くの先輩方や社会人の方たちとの関わりがあると思います。それらの繋がりを大切にしながら活動していきたいです!

南房総ゼミナール3期始動!

第1回ブログ更新担当を務めさせていただくことになりました大西です。

一番初めの投稿は緊張しますが、誤字のないようにしっかり更新します!

 

第1回授業は、オリエンテーションが行われました。

ゼミ生12人の個性あふれる自己紹介はとても面白かったです!

 

回行われた第2回授業は、昨年のゼミ生だった梶原悠太郎先輩がいらしてくださいました。

昨年の取材の様子や、話を書くことの大変さを梶原先輩から教えていただきました。

特に大変だったのは、インタビューの音声を文字に起こす作業だったそうです。

自分もスポーツ新聞部で音声を文字に起こす作業は経験していますが、とても大変なので不安が募ります。

梶原先輩はとても優しく、和やかな雰囲気でお話を聞くことができました。

 

そんな梶原先輩から3期生に向けたメッセージをいただきました!

「物語を書くのも、インタビューをするのも初めてのことで大変なこともあると思いますが、3期生のみんなで協力していい作品を作りあげてください!仕上がった作品を拝見するのを楽しみにしています!」

梶原先輩ありがとうございました!

取材者の担当も決まり、いよいよ本格的に活動が始まっていきます。

3期生一同、先輩方の作品に負けない素晴らしい作品作りを目指して頑張ります。

 写真は、授業の最後に梶原先輩と撮影した集合写真です。