一年ゼミ 秋9回

こんにちは、お久しぶりの塩野です、最近は寒くて朝なかなか布団から出られなくなってきました。

11月29日のゼミでは『場所の現象学』から場所を捉えるための概念を学びました。

今まで習ってきた場所の捉え方を図式化してより理解を深めることができました。

構造分析をするために構造主義について学びました。構造主義とは、そこに潜在する「構造」を抽出することで、その現象を理解する方法論です。より理解を深めるために、オダギリジョーや香川照之出演の映画『ゆれる』の中に登場する二項対立を探し出し話し合いました。

発表し合ってみると、同じ作品でも自分の気づかなかった二項対立がどんどん出てきてとても勉強になりました。(二項対立とは東洋と西洋というように二つの概念が互いに矛盾や対立をしているような様のことを言います。)

後期のゼミは今まで知らなかった思想、考え方を学ぶので前期とは違った意味で大変ですが、しっかりものにして論文に役立てていきたいです!

広告

二年ゼミ(秋学期)第十回

こんにちは!秋学期第十回ゼミのブログを担当する川野です!

今回は高木潮音さんをゲストに招いて、前週伊藤豊さんと朝岡英輔さんにもアドバイスを頂いた、ゼミ生が書いた物語を元にして内藤先生に自分たちに何が足りていなかったのか、これからどのように思考していけば良いのかを授業していただきました。

物語を執筆することは「自分の思っていること」や「考えていること」のような抽象的なものを文字に起こす作業もそのうちに含んでいると思いますが、そこには論理的なプロセスがあることを学びました。

さらに今回は自分以外のゼミ生が書いた物語のサンプルも読みました。これは練習ではなく、自分たちの提出作品となる物語のサンプルです。それぞれ千字程度の短いものですが、学生たちはこの作業で物語を書き始めたんだという実感を得たと思います。

それぞれのサンプルにはそれぞれのやろうとしていることがなんとなくですが見えたような気がしました。しかし、現時点では作品の全体像が明確に見えている学生なんてほとんどいないと思うので、ここからいかに粘り強く自分の物語と向き合っていけるかということが、それぞれの作品を納得のいくものにできるか、このゼミが成功したと胸を張って言えるのか、の明暗を分けるところだと思います。学生一同頑張ってまいります。

B3B44CEE-C3A4-48C3-AE7A-E4AAC5A395A0

高木さんありがとうございました。

B503BFA6-92A5-4D10-B97D-402499FA0A0F