南房総復旧ボランティア活動2(9/21-9/22)

こんにちは、南房総ゼミ3期生の川野です。

南房総ゼミでは、先週に引き続き9/21,9/22も南房総でボランティア活動をしてきました。台風が来てから10日以上が経過していますが、実際の被災地はどういった状況だったのか。自分の目で見てきた現状をお伝えできたらと思います。

今週の活動内容は当ゼミでお世話になった方々の元へ個別に訪問し、お手伝いをすることでした。個人のお話を聞くことによって被災地のリアルを知ることができました。

EA2EFF90-D802-443A-9435-F720D3FFB490

この写真は、3期生ゼミ対象者の方の家屋の一部です。瓦はほとんど吹き飛んでしまい、壁も一部剥がれてしまっています。

01B23D57-9468-4DEA-876A-373F00AD2617

これは対象者の方の畑の写真です。トマトを育てるための支柱が全て倒れています。もちろんトマトも全滅してしまっています。

78367C04-C724-4968-A16A-5CAD3075438B

支柱の片付けと細かい人工物の除去をお手伝いしました。大したことはできませんでしたが、それでも、対象者の方は喜んで下さいました。

6121666E-778B-4C9A-B193-E11EF11552CE

この写真はまた別の対象者のお宅の裏にある山中で撮影したものです。根こそぎ木が倒れています。

76F071B7-9256-4FBB-8B59-98ADFFE04B2F

53319D5D-355F-4A6A-8F8A-01FAABAF15D0

人が一緒に映っているとわかりやすいと思いますが、抉れた部分の地面面積はかなり大きく人の身長の二倍以上の高さ、横幅がありました。こうして抉れた部分が、自分たちで確認できただけでも三箇所ありました。今回の台風の強大な威力が伝わってきます。

翌日9/22は岩井海岸にてビーチクリーンから始まりました。我々が到着した頃には、ビン、カンなどの拾いやすいものはあらかた片付けられていました。それだけボランティアに参加している方々がたくさんいたということだと思います。なので我々は細かいプラスチック片や流木を拾うことを重点的に行いました。

EAB06B7B-1777-4AA7-A1B1-B3E6F6266F24

こちらは二期生の対象者の方が経営しているイベントスペースの写真です。こちらではお手伝いは無く、ご挨拶のみでしたが、様々なためになるお話を聞くことができました。

山間部住民の協力体制がいかに災害時に役立ったか、逆に過疎地域の復旧力がいかに脆弱であるか、またボランティアや災害支援活動をするにしても思いつきや予想で動くのでは無く、必要な情報を手に入れてから、計画を立てて丁寧に実行していくことが大事であるということを実感したとのことです。他にも、南房総地域の交通事情と物資供給の関係など色々なお話がありましたがどれも明晰なものばかりでした。

2B39FC53-7B76-435E-B7F1-4366E63D4BC7

これは南房総市役所に運ばれてきた被災ゴミで、ここに映っているものは一部のみです。さらにこうして被災ゴミが集まる場所はあと二箇所あります。現状かなりの量ですが、復旧活動が進むにつれてこれからも増え続けていくことが容易に想像できます。

31E17300-4EA4-4449-A7EE-D6A18000C540

実際に我々がいた時も被災ゴミを運んでくる車は長蛇の列でした。

A2791F12-6459-4303-A7D7-11EEE86A3CB9

これは南房総市役所に送られてくる支援物資の数々です。この物資をどう供給するか、また必要以上の物資をどう処理するか、ということも喫緊の課題です。

-まとめ-

今回の活動では、畑を片付けたり、竹を切ったり、海岸を掃除したりと色々な活動をしました。しかし、それらをすればするほど事態の深刻さがわかってきます。やることが尽きないのです。我々にできたことはほんの些細なことだけでした。

活動だけでなく、たくさんのお話を聞かせてもらえました。台風当日の恐怖、仕事への影響、生活への影響、被災地で蔓延る詐欺や泥棒などの犯罪の話です。車で移動していると、瓦が吹き飛ばされてブルーシートで覆っている家が多くありました。それらの修理は2年から5年待ちだそうです。深刻な状況であることがわかります。

活動をして、お話を聞いて、そして人々の表情を見ました。皆さんは我々を笑顔で出迎えてくれました。しかし、やはりふとした時の疲れた表情は事の重大さを感じさせるものでした。実際に復興作業の中で身体を痛めてしまっている方々もいらっしゃいました。

皆さん口に揃えておっしゃることは、「慣れていなかった」ということです。大きな台風の被害に見舞われてこなかった南房総は災害レベルの台風自体にも、その後の復旧活動にも「慣れ」ていないんだと。だから、ここまで被害が拡大してしまったと。南房総はこれから強くなっていくと思います。災害への意識が今までよりも格段に向上したからです。そして何より、役所の方々、市民の方々も強い人たちばかりだからです。

大変な中ご挨拶をさせていただいた方々ありがとうございました。些細なお手伝いしかできませんでしたが、少しでもお力になれていたのなら嬉しいです。これからも「南房総」ゼミとしてできることをしていきたいです。

一日も早い南房総の復旧・発展を南房総ゼミ一同心よりお祈り申し上げます。

南房総復旧ボランティア活動

こんにちは、南房総ゼミ4期の松本です。

9月9日未明、千葉県全域に台風15号が直撃しました。ニュース報道により台風の被害が明らかになるなかで、南房総市にも甚大な被害が及びました。9月14日、南房総ゼミでは、ゼミ生数名でボランティア活動に参加させていただきました。今回はその時の様子をお伝えします。

千葉県内を南下するにつれて、ブルーシートで覆われた家があちこちにみられるようになりました。

冨浦枇杷倶楽部は屋根が剥がれてしまっています。

ボランティア活動地の大房岬へ向かう道では、電柱が今にも倒れそうになっています。

活動では公園長さんのもと、公園内の倒木整理をお手伝いさせていただきました。

(作業前)

(作業後)

4時間ほどかけて一部の道をきれいにすることができましたが、たくさんの人手と時間がかかる作業でした。気温は高くありませんでしたが、ライフラインが断たれている環境では熱中症にも注意が必要だと感じました。

ただ、ボランティア活動を通して被災地の方々の明るさが印象に残りました。そんな方々の生活が一日も早く元通りになってほしいと思います。南房総ゼミでは来週末もボランティア活動に参加させていただきます。その様子もブログでお伝えできたらと思います。

二年ゼミ(2019年度4期生)本が完成しました

みなさまこんにちは。夏休み満喫中、千倉班の根岸です。

ですが!!

夏休みだろうが南房総ゼミには関係のないこと!つい先日、ゼミ生が集まって書き上げた小説を本にする製本作業が行われました。

最初は、ゼミ生各自が書き上げてきた小説の誤字脱字をチェックしたり、様式をそろえたりする編集作業からスタート。この作業、私も経験がありますが思っているよりもとっても大変です…編集担当者のみなさん、本当にお疲れさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

そして二日間かけて、印刷した紙を本にする製本作業を行いました。最初はただの紙の山で果てしなく思えた作業も、ゼミ生(と先生)が協力して作業し、なんとか乗り越えることができました。大変な作業でしたが、楽しい雰囲気で作業することができてよかったと思います。先生が持ってきてくださったお菓子も美味しかったです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

そして、とうとう本が完成いたしました!!!!

 

 

どの作品もよい物語だと思うので、みなさんに早く読んでいただきたいです!!私は印刷と製本をしながら飛ばし飛ばしでしか読んでいないので早くちゃんと落ち着いて読もうと思います(笑)

四月に始めたときは「本当に私にできるかな」と不安な気持ちもありましたが、無事に達成できてほっとしています。長いような、短いような期間でしたがとても充実した、やりがいのあるゼミだったと思います。

一年ゼミのとき内藤先生にこってり絞られたので、今年のゼミを取ろうか悩みましたが、本当にこのゼミに所属できてよかったなと思います。この場をお借りしてお礼させていただきます。内藤先生、ゼミ生のみんな、本当にありがとうございました。

そして最後になりますが対象者の皆様、南房総市役所の皆様、南房総ゼミに関わっていただいたすべての皆様、本当にありがとうございました。皆様の協力なしには、このゼミは成り立ちません。

南房総ゼミは一度お休みの期間に入りますが、再開したときにはまたお力を貸していただけると幸いです。ぜひよろしくお願いいたします。私もなにかお手伝いできることがあれば協力したいと思います!

本当にありがとうございました!では!