第28回 1月18日 2作目最終修正版の相互批評

いよいよ、最終回となりました。

今回は、2作目の最終版の読み合わせをしました。

 

ゼミ生たちや先生から意見をもらい、複数の視点から読むことで新たな修正点が見つかるのだと改めて実感しました。

11月の合宿のあと、限られた時間の中で書き進めてきた2作目が完成を間近に控えているというだけで感慨深かったです()

 

1年間お疲れ様でした!

 

……教室で行う授業はこれで最後ですが、南房総ゼミはまだ終わりません。製本の段階が残っているからです。ということで、次のブログでは冊子が完成したことをご報告できるよう、

引き続き頑張ります!

広告

第27回 1月11日 1作目最終修正版の相互批評

2018年が始まりましたね!

 

新年1回目の授業は、第一作の最終版の読み合わせを行いました。今回読むのは、冬休みに先生に添削して頂いた原稿に、修正を加えたものです。第何稿になるのでしょう。

 

最終確認といった感じで、物語を書いたゼミ生が大幅に変えた箇所や読み手に文意が通じるか不安な箇所を挙げ、そこを中心に話し合いをしていきました。

多かれ少なかれどの物語にも変更点があり、皆が冬休みにも物語と向き合っていたことが伝わりました。

 

ついに次回が最後の授業です。2年生最後のゼミを楽しみたいと思います。

第26回 12月21日 2作目の相互批評②

こんにちは。今回が年内最後の授業でした。本当に時間が経つのは早いと実感している中島です。

今週の主な内容は、引き継ぎ2作目の相互批評と修正でした。

だんだんと物語の全体像が見えてきて、各作品の時系列や文体の違いがはっきりしてきました。読んでいると、書き手の個性が分かってくるところが面白いです。

最後に、以前立てたスケジュールがあまりにタイトだったので、計画を見直しました。修正を行う機会が増えた分、より良い物語になるよう頑張ります。冬休みも、気を抜かずに過ごしたいです。

 

第25回 12月14日 2作目の相互批評①

今週の担当になりました中島です。こんにちは!

今回は、前々回発表した構想をもとに、約5000字まで加筆した物語の読み合わせを行いました。

 

どの描写が足りないのか、どう書き換えた方がいいのか議論し合うことができました。執筆だけでなく、批評を行うのも2回目なので、コメントがより具体的になってきました。批評にも1作目の経験が生かされているように感じます。私は、緩急をつけるためにはどうしたらいいかという点についてのアドバイスをもらいました。

来週までに2作目の第一稿をほぼ完成させることができるのか不安ですが、さらに書き進めていこうと思います。

 

第24回 12月7日 2作目サンプル発表

こんにちは。中島です。

 

授業の始めに、枇杷カステラをいただきました!いつ食べても安定のおいしさです。懐紙が素敵でした。

 

先週は2作目の構想を発表しましたが、今秋からいよいよ作品の相互批評が始まりました。

まずは、各々が書いてきた約1500字のサンプルを読み合わせていきます。物語のどの部分を書いてもいいのですが、物語の冒頭のシーンを書いている人が多かったです。

 

8000字の物語を書くうえで、人称や話のテンポに違和感がないか確認することができました。エピソードを盛り込みすぎているという指摘を受けたので、一つひとつのエピソードを丁寧に書くことを心掛けていきたいです。

 

 

そのあと、今後のスケジュールを立てました。学期末までにやらなければならないことが明確になったので、計画通りに進むよう毎週書いていきたいです。

 

 

第23回 11月30日 2作目物語構想発表

第23回ゼミの記事を担当する、竹原です!

3回目の南房総での合宿が終わり、東京に戻ってきました。1作目の執筆はほぼ終わり、これから2作目の執筆に挑みます!1作目は約半年かけてじっくり進めてきましたが、2作目は1カ月程度で完成させなければなりません……。大変ですが、頑張るしかないですね!(笑)

さて今回は、物語の構想発表会です!インタビューでお聞きした内容を基に、どのような物語に仕立てていくかを各自考えてきました。1作目は手探りの状態でしたが、前回の反省を踏まえたのか、みんないい感じに構想が出来上がっていました!僕も頑張んなきゃいけないですね…!

ゼミも大詰めを迎えてきました。残り短いですが、精いっぱい走り抜けたいと思います!

秋合宿 2日目 宮本班

二日目を担当します、中島です。
この日は前日の天気が嘘のような快晴でした!
朝食後、千倉の朝市へ。ホタテやカキなどの新鮮な魚介類やお餅をその場で焼いて頂きました。ものすごく美味しかったです!
その後シラハマ校舎に移動し、内藤ゼミの先輩方から一作目へのアドバイスを頂きました。細かい表現の変更から物語全体の整合性まで、様々な点からお話を伺うことができました。
お昼以降は二年生全員が合流して、活動しました。(竹原班の記事もご覧下さい!)

秋合宿 1日目 宮本班

一昨目では馬場美織さんを担当させていただいた宮本です。二作目は根津の鯨料理専門店・ひみつくじらの石川元さんを担当させていただきます。

今回は、宮本班の秋合宿の模様をお伝えします!

私たちは、合宿一日目の午前中に東京で石川さんに、午後から南房総市千倉で御子神さんにインタビューをさせて頂きました。その後、懇親会に参加しました。
インタビューでは、石川さんの食への強いこだわりと情熱が伝わってきました。この熱い思いを、物語に上手く反映出来るよう、頑張ります!!
合宿1日目の後半を担当する山寺です。南房総市に移動し、御子神三奈さんにお話を伺いました。
雨の千倉でちょっと元気がなかったのですが、オルネカフェの美味しいミルクティーにとても癒されました!初めてお会いした御子神さんは見た目ふわふわとされている美人さんだったのですが、お話を聞いているうちに一言でふわふわとは言えないな〜と思いました。良い意味です!
私も漫画が好きということもあり、漫画の話や本の話で盛り上がりました。漫画の実写化には反対派です。
短い時間ではあったのですがとても興味深いお話を沢山聞かせて頂くことが出来ました!ありがとうございました!

 

 

秋合宿2日目 竹原班

こんにちは、横山です。合宿2日目、竹原班は最初に大山宏子さんのインタビューを行いました。場所は大山さんのご自宅である古民家「びろえむ」です。ここでは農業体験や味噌づくり、民泊などができます。

インタビュー中に、大山さんの飼っている猫が私の膝の上に乗ってきました。

とても嬉しかったのですが、うちの班のリーダーである竹原君が、なんと猫アレルギーだったみたいで終始辛そうでした。

お昼ご飯を食べ、次は34年生の先輩方に物語を添削してもらう時間です。

 ここではさまざまなご指摘を受けましたが、そこで思ったのは「初めて読む人にこの物語はどう映るか」ということ。2年生の私たちは、対象者の方々に実際にあってその人の雰囲気や外見などをつかんでいます。しかし、はじめて読む人にはそれが分からない。伝わったつもりになって書いている部分がたくさんあるなあ、と思いました。

これ以降の修正で直していきたいと思いました。

秋合宿 1日目 竹原班

皆さんこんにちは、横山です。私たちは、11月の18日から19日にかけて南房総でゼミ合宿を行ってきました。今回はその様子を紹介したいと思います。

まずは竹原班からです。どうぞ!

こんにちは 梶原です。

合宿 初日

予想されていた通り、昼頃から結構な雨が降り出しました。

お昼はシラハマ校舎での食事でした。

普段なかなか食べられないラム肉や大きなエビが入ったスパゲティで、とても美味しかったです。

昼食のあとは、インタビュー。自分は二作目の物語を書かせてもらう鈴木のインタビューをお昼 直後させてもらいました。春季の近藤さんとは違い、とにかく言葉数が多く自分の聞きたい話に持っていくことに意識を集中させるように奮闘しました。普段かかわることのできない、職業の話やサーフィンの話とても興味深かったです。

二作目ということで、前回を必ず超えられるよう頑張ります!

 

秋合宿1日目後半、竹原班のブログを担当する竹原です!

 1日目の前半は海女の鈴木直美さんのインタビューを実施しました!

後半に入ります!

 これまでの合宿はいつも晴れていたのですが・・・。

気づけば外は大雨でした。バケツをひっくり返したような大雨が降り注いでいました。

 さて、あいにくの天気で残念ですが、本日2人目のインタビューといきましょう!今度インタビューを受けてくださる方は、ココロマチの吉山日出樹さん。

とても陽気で気さくな方で、こちらが緊張することなくインタビューに入ることが出来ました!たくさんお話をお聞きしました。言うのがお恥ずかしいようなお話も、腹を割ってお話してくださいました(笑)本当にありがとうございます!

 今回のインタビューはオーディエンスが多かったです(笑)

インタビューの後は、全体と合流してバーベキュー!!

楽しいひとときを過ごしたいと思います!