☆合宿1日目 5班

5班は昼食をいただくじろえむさんを経営していらっしゃる稲葉さんへのインタビュー。対象者の中で1番年齢が高いこと、事前アンケートが手書きだったことから3人とも恐れを抱いていた…。いざ、じろえむさんに着いて遠目に稲葉さんを見てその風格にさらに尻込みをしてしまった私たちであった…。…気を取り直して昼食!!漬物、野菜、卵、釜焚きのご飯、おこげ、甘酒のもと。どれも繊細で優しい味がした。5班のインタビュー対象者のマレビトメンバーである奈良さんとお話しながら食べる。こういった形で大人の方とお話をする機会はあまりなく、雑談ですらたどたどしくなってしまったように思う。そんな私たちにお話をふってくださった奈良さんには感謝しきれない…。昼食を終えた他の班が順々に移動。私たちはそのままじろえむさんで作業のため残る。とたんに心細くなる。作業着に着替え畑へ。畑いえーい作業はオクラの間引きとジャガイモ畑の草むしり。研修生のジャングルさんと作業。女子がお世話になるびろえむさんの後輩なのだという。明るい方で、映画の話や大学の話などをふってくださり緊張もだんだん溶けてくる。ここで此木が一言。「虫は苦手だけどそんなこと言ってる場合じゃない!」さすが班長!!作業が終わり、稲葉さんに鶏小屋に案内される。そこにはイメージよりもふたまわりくらい大きい鶏が!!だいたい1200羽ほど飼育しているのだとか。そこでふと疑問に思った増尾が一言「この子たちはいつしめるんですか?」…自分でもよく言ったと思う。気になったんだもん。「ここのはだいたい1年だな。人間でいうとだいたい30歳だから。ここから卵の殻が薄くなったりしてきて質が落ちる。」と稲葉さん。さらに続けて「人間も一緒だな。だからあんたくらいの時が1番いいんだよ。まぁ、相手がいればの話だけど笑」「いればいいんですけどね〜!!」……地味に傷ついたよ!!笑他にもいくつか鶏と人間とを絡めてお話されていて、ただ家畜として飼ってるだけじゃないんだな。と思った。
ついにインタビュー。稲葉さん拙いながらも自分たちの考えてきた質問をなげかける。稲葉さんのお話は私たちの質問以上の深い内容だった。「人生のターニングポイント」を聞こうと思っていたのだが、お話を聞いていて稲葉さんの原点を知ることができたから聞かなかった。原点を知れたことで十分であると3人で判断したから。お話いただく中で質問を変えていくことがこんなにあるとは思わなかった。インタビューの大変さ、奥深さに少し触れた瞬間だった。「人の世話をやく自分が好き」だから移住してくる方たちの手助けをしてるのだとあっけらかんと言ってのけた稲葉さんがすごくかっこよくてこういう人間になりたい と思った。「もう聞きたいことはないか?」と聞かれ、「はい。ありがとうございました。」とレコーダーとビデオを止めたところで、「じゃあ次は俺からだな」と言われ反射的にまた録音録画をはじめる。「人生は博打だ」私たち3人は一生この言葉を忘れないだろう。まだ20そこらの私たちは小さなことから大きなことまで決断をしながら生きていく。今だってほんの少し先の未来に期待と不安をもっている。そんな不安がかなり軽くなったのを感じた。思わず泣きそうになったのを堪えた自分を褒めてあげたい。インタビューを終え、2班と合流するために移動。インタビューの疲れから言葉数は少なかったが充実感で満たされていた。(written by masuo)

広告

☆合宿1日目 4班

4班
じろえむさんでの昼食を終え、グループ1と共にヤマナハウスへ向かいました。それぞれ準備してきた農ファッションで畑仕事のはじまりです。
ゼミ4班
女子は草むしりと 綿花 の移植を行いました。
最初は大きな虫が出てきて半泣き状態。しかし、移植していくうちに綿花がまるで我が子のように見えてきて、元気に育ってね!と綿花に声を掛けながら作業していくことで、畑にも徐々に慣れていくことができました。久米さんとも色々なお話ができ、楽しく作業できました。
男子は主に水撒きや、草刈機体験をしました。苦しげな表情で何往復もしながら運んでいるのは、25Lもの水を入れたバケツ。畑仕事を終える頃には洋服がびっしょりでした。
ゼミ4班作業
1時間半の畑仕事を終え久米さんのインタビューへ。初めてのインタビューで緊張しました。上手くいかない部分もありましたが、貴重なお話を伺い、久米さんが持参してくださったご自身の作品も拝見でき、事前学習で知りきれなかった久米さんの魅力をたくさん知ることが出来ました。(written by takahashi)

☆合宿1日目 3班

3班は、シラハマアパートメントの経営をされている多田朋和さんをインタビューさせていただきました。現在、小学校のリノベーションをされているそうで、そちらの案内もしていただきました。リノベーション
多田さんは、私たちが想像していた通り本当に様々なことをされている方で、驚くことが多く、とても刺激的でした。しかし自由な発想をお持ちになりながらも根をしっかり持った方で、だからこんなにいろんなことにチャレンジできるんだなあ、と思いました。今までのキャリアや南房総に住むメリット、これからやってみたいことなど、とてもフランクに話してくだり、初日で少し緊張していた私たちにとって、とても有難かったです。sirahamaシラハマアパートメントは、トイレから電球に至るまで、様々な装飾や工夫がされていて、とてもお洒落でした。屋上からの眺めはサイコーでした!!okuzyouあいにく、天気は曇りでしたが。(笑)(written by seki)

☆合宿1日目 2班

2班
二班は一日目、東洋平さんにインタビューと田んぼの捕植のお手伝いをさせていただきました。東さんの田んぼでは、無農薬、なおかつ化学肥料を使用せずに稲作をしているそうです。田んぼの泥の中に足を入れると、泥が足の指の間をすり抜け、足の裏でザリガニがうごめき、土のいい匂いが香ってきて全身で南房総の田んぼを感じることができました。
その後のインタビューでは、私たちの慣れないインタビューに東さんが優しく答えてくれました。短い時間でしたが、たくさんためになることを教えていただきました。これから心を込めた作品に仕上げていきたいと思います!
2はん1
(written by imagawa)

☆合宿1日目 1班

まずは1班の様子から紹介します。
(各班によって文章量など違いますが、これも各班の個性ということで。笑)

私たちは1日目、ヤマナハウスで農作業を体験しました。
ゼミ1班さいこちゃん
草刈りは特に普段しない体勢での作業でしたので、意外な苦労を感じました。
ゼミ1班のぶさんjpg
雑草染めでは、草をたくさん集めて葉と茎を分ける作業でした。
ゼミ1班さいこちゃん2
また、男子メンバーは水やりのためバケツリレーをしました。結果、体がバキバキになりました。笑

地味だと思っていた農業の意外な楽しさを感じました。普段見ないサイズの虫に驚いたり、新しい発見がたくさんありました。
ゼミ1班中川君

とにかく発見、驚き、感謝でいっぱいの1日目でした。(written by nakagawa)

合宿1日目

皆さんこんにちは。合宿1日目のブログ担当関です。大変長らくお待たせいたしました。(汗)
それでは南房総の旅にレッツゴー!!

2016年6月4日(土)天気:晴れ
南房総合宿1日目
【08:50】
私を含めたゼミ生9名は、バスタ新宿を元気に出発しました。…しかしここでいきなりハプニングが!!東京湾アクアラインを通るはずのバスが、なんと遠回りのルートで行くことになってしまったのです!!S__13361156
旅にはハプニングがつきものっていいますよね!(笑)ってことで新宿組は到着予定時間を約45分遅れてハイウェイオアシス富楽里に到着。本当は2時間弱で着くんですよ~!車を使えば、都内からも簡単アクセスですよね。

【11:15】
一同は、昼食をいただきに百姓屋敷レストランじろえむへ。じろえむへむかう通り門を抜けたそこには立派なお屋敷が!お屋敷前の庭で店主の稲葉さんが温かく出迎えてくれました。じろえむ_9364

 

 

築300年を超えると聞き驚きました。お部屋にお邪魔すると、そこは昭和にタイムスリップしたような雰囲気が。(私は生粋の平成生まれですが。笑)すごく古そうな冷蔵庫があったのでパシャリ。冷蔵庫
一同で長テーブルを囲んだ様子は、まるで田舎のおじいちゃんの家に親戚一同が集まったような感じでした。個人的感想ですが、映画「サマーウォーズ」のワンシーンみたいだと思いました。
じろえむ

食材はすべて自家栽培されているというので驚きです。
じろえむごはん関_3437
特に印象的だったのは、卵焼き!!半熟のふわふわ卵はまるで黄金のスウィーツっていう感じで、とても優しい味がしました。ごちそうさまでした!

【13:00】
昼食を終えた一同はいよいよ、グループワークへ分かれます。
各グループの活動の様子は別ブログで紹介します

【16:30】
グループワークを終えた一同は、南総城山温泉里見の湯で一日の疲れを癒し、夕飯をいただくため福喜庵へ。
夕飯の席by永森さん
大変おいしくいただきました。

 

【20:00】
夕飯を終えた一同は、シラハマフラワーパークのホタルファンタジアへ移動。ドーム型の温室に入るとそこにはたくさんのホタルが飛び交っていました。
目の前をゆったり通過していくホタルもいて、なんてお気楽な虫なんだろう!?と思いました。(笑)

【21:00】
男子メンバーはヤマナハウス、女子メンバーは農家民泊びろえむに泊まらせていただきました。私は女子なので、びろえむの様子を紹介したいと思います。家主のビロさんは3年前からこの古民家に住み始めて、ほぼ自給自足に近い生活を送っている方です。かわいい猫ちゃんたちも私たちを歓迎してくれました。
ねこ
ビロさんと女子メンバーでプチ女子会みたいな感じでおしゃべり。ここに住むことになった経緯、南房総の魅力、現在の生活スタイルなどなど…本当に貴重なお話をたくさん聞きました。
ビロエム_2847

ここ南房総には、都会に住む私たちが忘れている何かがあるんじゃないかな、なんて思いました。「火のある生活」、私も憧れるなあ。
そして就寝。

怒涛の1日目が終了。
南房総の魅力をぎゅっと凝縮して一気に触れたような感じで、とても刺激的で充実した一日でした。
では次は、1日目のグループワークの様子を紹介していきたいと思います!