2年ゼミ 合宿振り返り 足達さんインタビュー (富山班)

こんばんは!合宿から1週間が経ちました。インタビュー音声の文字起こしの合間に富山班会計、小野寺はブログ更新したいと思います。

私たち富山班は、6月3日の日曜日に足達智子さんのお宅でインタビューをさせていただきました。

足達さんは完全無農薬野菜を一人でやっている方で、イタリア野菜やタイ野菜などを中心に育てていらっしゃいます。足達さんの育てたお野菜はとても美味しいです!以前、ファーベをいただきました!C09094EA-BB30-4F58-A5D4-AD0C3CB79B90

足達さん宅ではまず、畑の草取りをお手伝いしました。7726FBF0-BAB7-40B9-B879-DFC00FBA89C5.jpeg
とても草の根っこが強く生えていて、抜くのが大変でした(^_^;)

雑草が逞しいのも、無農薬で育てているからですね。おいしさ、安全さには苦労はつきものです。足達さんが一人でこの膨大な量の強い雑草と戦ってるのは、本当にすごいなと思います。

草取りを切り上げ、足達さんのご自宅でインタビューをさせていただきました。

インタビューの際、畑でとれたサラダとレモンハーブをのせたチーズトーストとバニラアイスにお花(とても美味しくておしゃれだったのに花の名前を忘れてしまいました)を添えたもの、足達さん自家製販売しているプリスコ(辛いもの)をかけたもの、紅茶をふるまっていただきました(T-T)

1C21065A-3CDF-40A0-9F8C-80399349B064.jpeg

とてもとても美味しかったです。

インタビューでは、たくさん質問をしましたが、足達さんは全て丁寧に答えてくださいました。

また、足達さんがにこやかに接してくださり、いい雰囲気で臨めました。

インタビューできた、足達さんの思いや経験などをもとに、いい作品を作りたいです。

また、一年生と先輩の協力ありで、とても心強かったです。

みなさんありがとうございました。

広告

2年ゼミ 合宿振り返り 和田班

皆さんこんにちは!

今回、和田班の合宿活動についてブログを書かせていただきます、高橋です。

合宿1日目(6月2日)、他の班が『じろえむ』さんで昼食をとっている中、私たちはインタビュー対象者である石井さんが経営している『笑福』にお邪魔させていただきました。

ちょうど昼食時であったので、お店が混雑していました。そのため、お店がひと段落するまでの間、私たちは『笑福』の近くにある鯨の解体場の見学をしていました。

写真 2018-06-10 17 54 33

今年の和田町での捕鯨は、例年より少し短く、6月の第2週から7月頃までの間に行われるようです。これから漁、解体が始まる前の静けさといったものが、この場所では感じられました。市役所の方々から「体の大きいイルカが、クジラ。体の小さなクジラは、イルカ。」「体の小さいクジラは、イルカのように鼻が長い。」と聞き、それまで縁遠いものと感じていたクジラが、急に身近なものに思えてきました。しばらくこの景色を堪能してから、昼食とインタビューをさせていただくために、再び『笑福』へと向かいました。お店のは、「THE 地元の居酒屋」といった雰囲気でしたが、意外にもお客さんは地元住民だけでなく、サーファーやライダーを中心にいろいろな地域から訪れていました。

写真 2018-06-04 17 30 20

「毎朝6時から11時にかけて、仕込みをしている」と言っていた石井さんの料理は、どれも美味しくいただけました。ごちそうさまでした!

腹ごしらえを終えた私たちは、お店の休憩時間を使わせていただいて、早速石井さんにインタビューさせてもらいました。写真 2018-06-03 19 32 38

私たち和田班は、昼食後の2時間と夕食後の1時間と、2回に分けて石井さんにインタビューできる機会がありました。1回目の時は、初めてのインタビューという緊張感と石井さんのパワフルさに圧倒されてしまって、沈黙の時間ができてしまう場面がありました。しかし、夕食前に内藤先生から活を入れてもらったおかげで、2回目のインタビューでは踏み込んだお話を聞けたのではないかなと思いました。

石井さんのお話自体がとても面白く、波乱に満ちた人生を送られてきたんだなと感じました。話を聞いてみて、石井さんの人生、人柄をどうやって物語にしているか不安の方が、今は大きいです。まずは、グループのメンバーと合宿の振り返りをしつつ、物語の構成を考えていきたいと思います。

合宿2日目(6月3日)、私たちの2人目のインタビュー対象者は宿泊先としてお世話になった『くすのき』の施設長である北見さんでした。

インタビューをさせていただく前に、私たちが使った部屋の清掃を1時間ほど手伝わせていただきました。

写真 2018-06-03 19 28 12

北見さんの人生について、かなり詳しくお話を聞かせていただくことができました。前の日だったら、1・2年ともに遠慮して質問できていなかったことも、積極的にお聞きすることができて、1日でとても成長できたのではないかなと感じました。北見さんの物語も、人柄や和田町の山や木々の側面をどう表せていけるか不安もあります。しかし、物語が完成したときに、北見さんが「図星だなぁ。」と思ってくれるような作品を作りたいなと思う意欲もとてもあります。

北見さんのインタビューの後、私たちは酪農のさと、前日にも行った和田浦海岸と道の駅和田浦WA・O!へ行きました。その詳しい様子は、少し前の記事『1・2年 南房総ゼミ合宿2日目(6月3日)』をご参照ください。

まずは、お二人のインタビュー内容をよく消化しつつ、これから約2か月試行錯誤しながら、頑張っていきたいと思います。
石井さん、北見さん、私たちのためにインタビューの時間を作ってくださり、ありがとうございました。
また、市役所の真田さん、渡辺さんは2日間、黒川さんは1日目、私たちの案内役としてお世話になりました。和田町についてもたくさん教えてくださったため、物語を作る上での参考になりそうです。ありがとうございました。
そして、私たちのインタビューのサポートをしてくれた1年生ありがとう。先輩方もまだまだお世話になると思いますが、合宿についてきてくださりありがとうございました。

以上で、和田班のインタビューの振り返りは終わります。
今週も内藤先生の大量の課題に負けずに、頑張っていきたいと思います。